妊娠中の悩み|妊娠線にならないために必要なこと

女性

リラックスするボディケア

妊婦

妊娠線のケアをすることで、妊娠中の精神的な不快感を解消し、さらに産後もきれいな肌をキープすることができるでしょう。安心できる成分を厳選することで、妊娠中の体や胎児に影響を及ぼすことなく妊娠線を予防できると考えられています。

妊娠中でも安心

クリーム

化粧品を上手に使う

妊娠は、新しい生命の誕生のための、とてもめでたいことです。しかし、妊娠中の十月十日、胎児の成長とともに身体も変化していきます。妊娠線も身体の変化の一つです。急激なお腹の膨らみにより、皮膚が伸びひび割れが起きます。これが、妊娠線と言われています。ホルモンバランスの崩れから肌にも影響してきます。一度妊娠線ができると消えないと言われています。しかし、化粧品を使って予防やできた妊娠線を和らげることができます。化粧品を上手く使い、上手く向き合い、自分に合った方法を取ることが大切です。妊娠線予防の化粧品は、クリームが多いです。市販のボディクリームを使う人もいますが、成分が異なります。予防クリームは、市販のボディクリームよりも高保湿成分であることが求められます。妊娠中は、悪阻など体調が優れない人も多いので、無香料で刺激が少ない予防クリームが多いです。市販のボディクリームは、保存成分が入っていることが多いですが、予防クリームはデリケートな妊娠中でも心地よく使えるよう余分な成分は入っていません。個人差はありますが、予防クリームは、なるべく早い段階から、継続的に毎日使うことで効果を発揮します。予防クリームを塗るタイミングは、お風呂上がりがおすすめです。お風呂上がりは、身体が温まっており、クリームも伸びやすく浸透しやすいからです。朝晩に塗ることがすすめられていますが、お腹が大きくなってきたら、頻度を増やしても良いでしょう。

妊娠中のボディケア

化粧品

妊娠線のケアには、保湿力と浸透力のあるクリームを使うことが大切です。その両方を満たしているのは、やはり妊娠線専用のクリームです。使う際は、優しくなじませることを心がけましょう。そして、妊娠線のケアは継続することが大切ですから、毎日のケアを習慣づけるのがベストです。

真皮まで到達する美容成分

お腹

妊娠線の予防は、保湿クリームだけでは100%とはいえません。表皮だけでなく、真皮にまで浸透する美容成分が配合されたクリームを選び、蒸しタオルで肌をふやかしてから塗ると、より浸透力が高まり、しっかりと予防ができます。